So-net無料ブログ作成

「紀伊半島680km、+2.7km」(4) [旅行記]

gobo.jpg
御坊駅駅舎。


和歌山駅を出るといよいよ紀勢線。遅れていることもあって最高速度110km/hで飛ばす…のだが、ガタガタと揺れが酷い。振り子式車両のなせる業か。これでは酔っている隙はない。

高架を上ると海南駅。海南港の工業地帯が良く見える。海南駅は 10:36(+22) に発車。住宅地を抜けると冷水浦で、和歌浦湾に浮かぶヨットやボートが見えてくる。下津駅を過ぎてトンネルを抜けると、製油所(東燃ゼネラル石油和歌山工場)の脇を通り抜ける。夜景はさぞかし綺麗だろう。

箕島駅手前で急カーブを描いて、有田川沿いを内陸部へ向って進路をとる。有田鉄道がかつて接続していた藤並駅、活躍していた車両が保存されている「有田川鉄道交流館」を思い出す。ここもいつかは訪れてみたいものだ。ちなみにこの藤並駅近くで、海南駅を出て以来久々に高速道路(阪和自動車道)に出くわす。紀勢線は海沿いを「く」の字型に迂回するが、高速道路は山の中を直線で通過。紀勢線の海南~藤並間は23.2kmだが、阪和自動車道の海南IC~有田IC間はわずかに9.4kmである。

湯浅駅で再び海辺の町へ。箕島・藤並・湯浅の3駅には、白浜発着の特急列車が一部停車するが、新宮行きの3号はスルー。湯浅駅では定刻ならば先行する普通御坊行き(337M)が特急の通過を待っているはずだが、20分も遅れているので当然待っておらず。再度内陸部へ入るが、紀伊由良駅付近で再び海が見える。由良は造船の町、クレーンと造船中の船が姿を覗かせている。

切貫峠の長い長いトンネルを抜けると御坊へラストスパート。紀伊内原駅を通過する。そして最後に、御坊駅手前にある90度の大カーブを曲がりきりホームへ…と思ったが駅手前で停車してしまった。そして列車右手を普通列車が過ぎていく。おそらく、湯浅で追い越すはずだった337Mの折り返し和歌山行きの普通列車(354M)であろう。定刻より22分遅れて 11:06 御坊着。折角の回復運転も土壇場で水の泡である。


ようやっと御坊。御坊市は、太平洋に注ぐ日高川の河口にあり、本願寺日高別院(別名「日高御坊」、地名の由来)を中心とする寺内町として発展した町である。御坊駅は御坊市の玄関口であるが、市街地よりも北にはずれた場所にある。町外れの駅と市街地との間を結ぶのが、全長わずか2.7kmのミニ私鉄・紀州鉄道である。この紀州鉄道訪問の記録は後で書くことにして、先に紀勢線の撮影記録を書こう。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。